忍者ブログ

江東ナンバーをご当地ナンバーに検討

東京都江東区は自動車の「ご当地ナンバー」として、江東ナンバーの申請を検討する。東京五輪・パラリンピックに向けた地域の魅力づくりの一環として、「江東区図柄入り新ナンバープレート導入検討委員会」を2017年7月に設置した。区民まつりの会場や、区のホームページなどで意見を募り、可否を判断する(「「江東」ナンバー、区民賛成なら国交省に申請へ」読売新聞2017年9月21日)。
江東区は江東ナンバーの導入目的を「知名度アップや地域の一体感、区への愛着心の醸成」とする(「「江東」ナンバーの申請検討」日本経済新聞2017年9月22日)。これは経済効果という怪しげな目的と比べて真っ当な目的である。
但し、報道は「江東区は近隣の区と連携し「湾岸」などのナンバー導入を検討したが、調整がつかず断念した経緯がある」と伝えている。これは区の知名度アップと矛盾している。「足立ナンバーから抜け出せるならば何でも良い」が本音ではないかと邪推したくなる。
湾岸ナンバーを断念したことは喜ばしい。湾岸ナンバーは暴走族を誘引しかねないという問題がある。また、北部の住民にとっては馴染みの薄いもので、地域愛を持ちようがなくなる。
東京都区部の「ご当地ナンバー」は2014年に「世田谷」と「杉並」で導入された。世田谷区では裁判が起きるほど反対意見が起きた。これに対して杉並の反発は聞かない。ここには品川ナンバーから変わる世田谷と、練馬ナンバーから変わる杉並区の違いがあると分析される。江東区は杉並区と同じパターンであり、反発は少ないと予想される。
但し、世田谷で起きた反対意見は江東ナンバーを進める上でも重要である。プライバシー侵害や犯罪に巻き込まれる危険という反対は全ての「ご当地ナンバー」に該当する。しかし、車が犯罪に使われることも多く、ナンバーで管理することは自動車保有者の制約と評価できる。
世田谷ナンバー反対派は区民対象のアンケートで不正が行われたとも主張する。回答者の年齢構成が実際の人口比と隔たりがあるなどとする。江東区も区民の意見を募るとするが、区役所が意見を収集しやすい町会役員など高齢者に偏るシルバーデモクラシーにならないように注意すべきだろう。
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕
http://book.geocities.jp/hedomura/
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード