忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

住宅塗装のユタカホーム迷惑訪問勧誘

住宅塗装のユタカホーム迷惑訪問勧誘
住宅塗装の株式会社ユタカホーム(東京都北区滝野川)は、江東区まで訪問勧誘(訪問販売)に来ている。ユタカホームの営業トークは「別の工事でこの地域に来た。合わせて施工することで今なら安くなる」という謳い文句で近づいてきた。これは訪問勧誘業者の典型的な営業トークと紹介されている。
ユタカホームは自社の施工実績として番地まで入った住所と名字のリストの入ったチラシを配っている。チラシには掲載許可を頂いたと書かれているが、番地まで掲載することを許可したのか。このような業者と取引することは考えものである。
訪問勧誘は悪質リフォーム、次々販売の温床になっている。訪問販売業者に外壁塗装リフォームを頼んで失敗した事例がある。悪徳業者は訪問販売業者であることがほとんどである。訪問勧誘業者はインモラル(不道徳)である。騙された方が悪いという考えは採らない。
訪問勧誘業者の出来心とは何か。普段から消費者の権利に対する意識が不十分であるから訪問勧誘に走る。人間として問題がある。迷惑勧誘営業が意味不明な熟語を作り出し得意げになっている姿は、ただただ気の毒な限りである。リフォーム訪問勧誘対策は東京都議会議員選挙の争点になる。訪問勧誘の規制は不十分です。訪問勧誘の規制で主導的役割を果たしたい。
http://www.hayariki.net/home/
Boycott Tokyu Fudosan Holdings (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.in/dp/B01N0MU1KS/
Nuisance Calls of Mansion Investment (Japanese Edition) Format Kindle
https://www.amazon.fr/dp/B01MZ2JONU/
PR

FJネクストNST再勧誘

FJネクストNST再勧誘
FJネクストや株式会社NSTはマンション投資の迷惑電話で評判が悪い。最初はマンション投資であることを隠し、確定拠出年金などの話題で勧誘してくる。一度断っても別の営業が再勧誘する。脱法ハーブや脱法ハウスと同じく法律の規制を免れる悪徳商法である。相互信頼がないと社会は成り立たない。FJネクストNST迷惑電話は何と下らない了見だろうか。
FJネクストNST迷惑電話は透明な湖に一滴の黒い絵の具を垂らすような言葉を投げつける。FJネクストNSTの御都合主義的な発想は人を真理から遠ざける。形振り構わず消費者から搾取する輩に際限などあるはずも無い。マンション投資は盗人に自分の家の鍵を渡そうとするようなものである。投資用ワンルームマンションは腐臭の耐え難い代物である。
悪徳不動産は死の具現に他ならない。悪徳不動産業者は暗く、淀み、停滞している。悪徳不動産営業の非情な考えは心が凍り付いているためである。悪徳不動産営業の心には濁り淀んだ、腐り落ちかけた闇がある。悪徳不動産営業からは悪臭がする。
マスメディアはFJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設について語ろうとしない。だからFJネクスト不買運動は語る。何度も何度も繰り返す。FJネクスト不買運動は心を開いて自分の言葉で自分を語る。
FJネクスト不買運動は新しい知を世界に産み落とす。FJネクスト不買運動にはFJネクストが逆立ちしても醸し出せない風格がある。FJネクスト不買運動は育ち、枝葉を広げていく。FJネクスト不買運動は受け継がれる。ますます洗練されて発展する。
FJネクストに対する怒濤の酷評はナイアガラの滝から落ちる水のように打ち付ける。FJネクスト不買運動は醜く穢れた汚点を洗い流し、清浄にして在るべき形を取り戻す。ハッシュタグ「#FJネクスト不買運動」を付ける運動を広げよう。ハッシュタグは特定のテーマに関する投稿であることを示す表示である。

http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
インターネット動画放送局・日本海賊TVは2016年8月5日に「金八アゴラ」を放送し、東急プラザ銀座に閑古鳥が鳴いているという問題を取り上げた。東京都知事選挙への立正佼成会の影響なども取り上げた。この日のコメンテーターは田淵隆明氏、石川公彌子氏、山内和彦・元川崎市議会議員、林田力。遅れて大津けい氏。司会は須澤秀人・日本海賊党代表。
http://www.hayariki.net/tokyu/ginza.html
都知事選・生活密着課題置き去りの絶望感
http://www.hayariki.net/poli/tochiji2016.html

FJネクスト迷惑電話は社員の問題

FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)は投資用マンションの迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』Amazonキンドル)。ガーラ・プレシャス木場やガラ・ステーション木場、ガーラ・東陽町、ガーラ・シティ東陽町、グランド・ガーラ門前仲町などの物件がある。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事は住環境を破壊する(林田力『東急不動産だまし売り裁判47ガーラ木場不買』Amazon Kindle)。

FJネクスト迷惑電話は社員の問題である。FJネクストは強がってハッタリばかりである。FJネクストが耳あたりの良い言葉を並べ立てたところで、信用などされると思っているのか。FJネクストは人としての幸福、当たり前に人が持ち得るもの、温かな陽だまりの中で生きることさえ否定する。勧誘電話の仕事はやりがいがない。逆切れ多い、モラルがない、怪しい会社に魅力は感じない。

マンション投資の勧誘電話は一度話を聞くと際限ない。まともな倫理観で迷惑勧誘電話ができるものか。容認できてたまるものか。迷惑勧誘電話は正道ではなく、外道である。迷惑電話を繰り返す人間は酷く性格の悪い奴である。見るからに悪人である。節制の無い生活が体型に現れ、他人を見下す心根が顔に現れる。心底腐っている。吐きそうになる。腐臭を放ち世界の裏側を生きる、この世で最もおぞましい生き物。どうしようもなく愚かしく、救いようのない存在である。

投資用マンションを購入する場合、転売できるか確認する必要がある。一括借り上げ契約では転売できなくなるという恐ろしいシステムの情報もある。転売できないならば、損切りできないということになり、投資としてハイリスクである。損切りならば投下資本の少なくとも一部は回収できるが、損切りできないならば全額ドブに捨てることになる危険がある。


http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/shain.html
 
FJネクストのWikipediaでは編集合戦も起こっています。FJネクストに都合の悪い情報が執拗に削除され、批判されました。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/wikipedia2.html
#FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト反対運動