忍者ブログ

東急電鉄の女性専用車両に批判集中

東急電鉄(東京急行電鉄)の女性専用車両に批判が集中している。「東急電鉄は男性を侮辱・差別した女性専用車両を行う反社会的企業」であると批判される。東急グループの商品を購入しない東急不買運動や女性専用車両に乗り続ける「抗議乗車」にも発展している。東急東横線の利用客減少が止まらない理由として湘南新宿ラインと終日女性専用車が挙げられるほどである。

東急電鉄は2005年7月25日に終日女性専用車両を導入した。12歳以上の男性全てを一律に性犯罪者予備軍と決め付け、横浜方面の先頭車より締め出した。東急電鉄は休日には「本日は女性専用車両の運用を行っておりません、どなたさまもご利用いただけます」 とアナウンスした。金を払っている乗客に対し、偉そうにふんぞり返った態度である。東急電鉄の勘違いは甚だしい。

「特定非営利活動法人 年齢差別をなくす会」は東急電鉄に対して、女性専用車輌の導入に関する意見書を提出した(2005年8月29日)。 これに対し、東急電鉄はピント外れの回答をした(2005年8月29日)。

神奈川新聞が東急東横線の女性専用車導入について、ネット上で実施したアンケートでは201件の回答があり、内訳は反対131、賛成27、その他43であった。実施期間は導入初日の7月25日より8月8日までである(「女性専用車両の終日導入に大きな反響/東横線・MM線」神奈川新聞2005年9月18日)。
http://hayariki.x10.mx/mccmccmcc3.html

東急電鉄は痴漢抑止のための根本的な対策(混雑緩和、セキュリティ対策、車内巡回)は採らず、表面的なイメージ向上のために特定の乗客に負担を強いる。特定の乗客に負担を押し付ける。同一運賃を払っているのに男性が乗れない車両があることは不合理である。

10両編成の電車に、女性専用車両が1両設定されていたら、女性が乗車可能な車両は計10両、男性が乗車可能な車両は計9両になる。同じ料金を支払ってサービスに差をつけることは男性差別である。

女性専用車両は、一見すると女性を尊重しているようであるが、女性専用車両以外の女性に対しては無頓着である。しかも女性専用車両導入が男性差別であることに全く気づいていない。これでは性差別にも無神経と言わざるを得ない。

女性専用車両導入により、空いている車両と混雑している車両が発生し、乗り切れない場合や乗降時間が長くなる場合があり、列車遅延の原因にもなる。乗車率が偏ると事故にもつながりかねない。男女グループで乗る場合、別れ別れになるか、普通車両に乗ることになる。父親と娘が乗る場合、子供を混雑した車両に乗せなくてはならない

女性専用車両導入により、男性が一両分使えなくなるが、それによって一般車両の混雑率がどの程度増加するかについてはニュースリリースでは一言も触れられていない。これでは女性専用車導入について都合の悪い情報を隠蔽していると言われても仕方ない。

しかも女性専用車両の痴漢抑止効果は疑問視されている。女性専用車両に乗らない女性は、痴漢の被害にあっても止むを得ないということになりかねない。実際、乗客の多くは乗車駅や下車駅の階段に近い車両を選ぶものである。

先頭車両を専用車両とすることにも批判がある。「先頭車は事故の時に怖い」「人身事故を見てしまう可能性がある」との懸念から、先頭車を避ける女性は多い。この点からも東急電鉄がイメージ先行で、女性心理を真摯に分析していないことがわかる。
http://www.hayariki.net/1/27.htm
もし男性専用と女性専用に完全に分離することができれば車内の痴漢を撲滅することができるだろう。しかし専用車両は一部にとどまり、混雑度の増した一般車両に乗車する女性には痴漢冤罪のリスクが上昇している。痴漢対策とは無関係な女性優遇サービスにすらなっていない。

東急電鉄からはアパルトヘイト政策下の南アフリカでの白人専用車両を想起させる。米国では、黒人と白人の専用車両を設けることを合憲とした1896年の最高裁判決は20世紀の半ばまでに完全に覆された。東急電鉄はアメリカや南アフリカで白人専用車両が廃止された歴史を知らないのだろうか。
PR

東急ハンズが生田神社の景観を破壊

兵庫県神戸市の東急ハンズ三宮店は生田神社の景観を破壊する。東急ハンズは生田神社の入口の手前にある銀色のビルが東急ハンズである。生田神社の鳥居への眺望を破壊している。生田神社の奥には緑豊かな生田の森があるが、東急ハンズは森への眺望も破壊する。

東急ハンズを運営する東急不動産は東京都世田谷区の二子玉川ライズでも景観破壊を批判されている(林田力『二子玉川ライズ反対運動』)。地域性を無視する東急不動産の体質は全国各地に表れている。

生田神社は兵庫県神戸市中央区下山手通という神戸中心市街地に位置する。最寄駅は三ノ宮駅である。繁華街に立つ朱色の鳥居が印象的である。生田神社は1800年以上の歴史を有する由緒ある古社で、『日本書紀』にも登場する。
http://tokyufubai.bakufu.org/hands.htm
和歌にも詠まれている。藤原定家「秋とだに吹きあへぬ風に色かはる 生田の杜の露の下草」(続後撰和歌集)。中務卿宗尊親王「津の國の生田の杜に人はこで月に言とふ夜はのあきかぜ」(新後撰和歌集卷第五秋歌下)。
http://www.facebook.com/riki.hayashida

生田は元をたどると活田であり、活き活きとした生命力溢れる場所という意味である。神戸という地名は生田の神を守る家、神戸(かんべ)に由来する。縁結び・商売繁盛・健康長寿・勝利勝運の神として人々に親しまれている。藤原紀香と陣内智則が結婚式を挙げた場所としても知られる。生田の森は市街地の貴重な自然であり、市民の憩いの場にもなっている。

平城京天平祭 支援イベント

平城京天平祭 支援イベント
~カヤグムオーケストラ「淑明伽耶琴演奏団」、世界のB-boy「RIVERS CREW」が来日~
日 時:5月5日(土)13:00・15:30(各30分公演)
場 所:奈良県平城宮跡イベント場(大極殿ステージ)
内 容:18人による韓国伝統楽器カヤグム演奏とダンス公演
http://yaplog.jp/hayariki/archive/620
銀の匙 Silver Spoon 3
http://news.livedoor.com/article/detail/6489231/
安易な大学中退者は青山テルマを見習おう
http://www.pjnews.net/news/794/20120328_1
ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて
http://news.livedoor.com/article/detail/6496956/

サハリンに取り残されたコリアンを訪ねる旅

第3回「サハリンに取り残されたコリアンを訪ねる旅」のご案内(原案2)
日 程:8月4日(土)~8月8日(水) 申込:5月下旬締め切り(訪問ビザ申請のため)
内 容:4日(土)ソウル経由 サハリン入国[3日(金)ソウル前泊の可能性あり]。5日(日)~7日(火)残留韓人関係のフィールドワーク。「サハリン 歴史記念館」建設のための国際ワークショップにも参加
8日(水)ソウル経由で帰日[ソウル集合、又は解散も可能。11日(土)まで、KINのメンバーと一緒に滞在延長可能]
費用概算:ソウル仁川空港集合・解散で概算12万3000円程度(ピーチ航空早割利用で、関空出発者の推定必要経費(宿泊・食事・交通・通訳費用)は14万3000円程度[22歳以下の参加者がいた場合、有志が2000円のカンパをしていただけると有難いです。また現地韓人会への手土産も有志が1000円のカンパを頂けると嬉しいですが、いずれも余裕のある方のみにしたいと思います]。
主 催:全国在日外国人教育研究協議会・全外教研究所 
協 力・サハリン韓人会・離散家族会・韓国KIN 
http://yaplog.jp/hayariki/archive/613

京都東山界隈-渡来人の足跡を訪ねて

歴史探訪「京都東山界隈-渡来人の足跡を訪ねて」
 応神天皇の時代に渡来し「帰化」した阿智使主(あちのおみ)を祖とすると伝わる坂上(さかのうえ)氏。今もその末裔が大阪平野庄に暮らしているが、何といっても有名なのは征夷大将軍坂上田村麻呂である。田村麻呂の墓所とされる京都山科から、ゆかりの清水寺をめぐり、ワッソの登場人物である聖徳太子や伊利之使主(いりしのおみ)を訪ねて八坂への道を猪熊兼勝先生と歩く。
      http://wasso.net/html/120307rekitan.html
日 程:5月27日(日)13:00(時間厳守)~15:30(解散)雨天決行
集 合:JR山科駅
定 員:25名程度(定員になり次第締切ります) 
参加費:正会員3000円・一般4000円(山科~清水の交通費、清水寺・八坂の塔拝観料含む)
ルート:山科→坂上田村麻呂公園→西野山古墓→清水寺(田村堂)→八坂の塔(法観寺)→八坂神社
※JR山科駅から清水寺まではジャンボタクシーに分乗して移動。清水寺から八坂神社までは徒歩。
主 催:四天王寺ワッソ
http://yaplog.jp/hayariki/

東急電鉄の大井町線高架下住民追い出しは街壊し

東急電鉄が住民追い出しを進める東京都品川区の東急大井町線の高架下は現代では貴重なレトロな趣のある場所である。再開発ビルには見られない生活感溢れる店舗が並ぶ。建物には「東急は耐震工事を口実に古くからの住民の追い出しを図っている!!」「生活苦に陥る住民 東急は非道である」の抗議文が掲げられている。
また、店舗の入口や自販機の側面には長文が掲示され、そこには「東急は鬼か」という表現がある。それによると、東急電鉄は高圧的態度で交渉の終結を図ろうとしている。立ち退きを受け入れない住民に対しては交渉を打ち切り、裁判という強硬手段に訴えて立ち退きを迫っている。住民側は長年住み慣れた家を追い出される急激な環境変化に対応するために時間が欲しいと主張しているに過ぎない。生活設計を組み立てるためには精神的にも経済的にも時間が必要である。それを東急電鉄は聞く耳を持たず、頑なに拒否していると批判する。
http://hayariki.net/tokyu/ohimachi.html
立ち退かされた店舗は入口がベニヤ板で塞がれている。東急建設による家屋解体工事が行われている場所もある。営業を止めた中華料理店では、店の前に備品などを並べ、「ご自由にお持ちください」との貼り紙があった。地域コミュニティーが破壊されている。二子玉川ライズと共通する街壊しである。
3年前に自宅を改修した住民は「高架下の自宅を建て替える時に、東急は一言も耐震化計画の事を触れなかった。何十年もかけて苦労して貯金し、自宅を改修した今になって、出て行けと言われても困る」と述べる(なかつか亮「週刊区政報告」343号、2011年12月25日)。
http://hayariki.jakou.com/tokyu/ohimachi.html

林田力の後ろでドアがバタンと

男性は扉を開けた。暗く冷たい空気が微風となって流れ出た。最初に目に飛び込んできたものは剥がれかけた塗装であった。色褪せた壁のくすんだ色。通された先は会議室であった。顧客を迎え入れる応接室ではなく、文字通り会議室である。一輪の花も一枚の絵も飾っていなかった。年代物の調度品も置かれていない。殺風景なただの会議室である。殺風景な部屋が林田力と東急リバブル・東急不動産の関係を余計に寒々としたものにさせたことは当然である。
全てが外界との接触を拒絶する冷ややかさに満ちていた。これでは万が一助けを求めたくなったならば大声で叫ぶしかない。室内は乾いて埃っぽい空気に満たされていた。壁や天井にへばり付いたニコチンが暗くて沈滞した雰囲気をダメ押ししていた。誰かが椅子を引きずったり咳をしたりするだけで、かなり反響する部屋である。林田力の後ろでドアがバタンと閉まった。
会議室は縦長の部屋で、中央に長机を設置し、左右に椅子が並べてあった。出入口から見て奥の側には既に四人の男性が座っていた。出入り口から遠い側が上座であり、来客はそちらに通し、社内の人間は出入り口に近い側に座るのがビジネスマナーである。
しかし、四人とも上座から動こうとせず、林田力を下座に着席するよう薦めた。この時点で東急不動産が相手に敬意を全く払う気がないことは明白であった。悪徳不動産営業には常識も社交儀礼も欠けていた。
「人との出会いを大切にし、相手を敬うという気持ちは、もともと日本人に備わっている寛容の心です」(出光昭介「同門会法人設立三十周年記念茶会に寄せて」同門2007年2月号26頁)。
東急リバブル・東急不動産従業員には日本人に備わっている寛容の心が根本的に欠けていた。代わりに常人の数倍ほど厚い面の皮と太い神経を持ち合わせていた。協議が最初から非友好的な雰囲気で始まったことは当然の成り行きであった。相手の自尊心を傷つけ、怒らせて自制心を失わせることで、協議を有利に進めようとの作戦であった。
挨拶もなければ、コーヒーの一杯も勧められなかった。但し、しばらく経過してから紅茶が出てきた。薄く、冴えない色をした紅茶は少しも美味しそうには見えなかった。渋谷東急プラザの椅子は嫌になるほど座り心地が悪かった。ここは敵地であった。
http://hayariki.net/109/109burei.htm