忍者ブログ

FJネクストNST再勧誘

FJネクストNST再勧誘
FJネクストや株式会社NSTはマンション投資の迷惑電話で評判が悪い。最初はマンション投資であることを隠し、確定拠出年金などの話題で勧誘してくる。一度断っても別の営業が再勧誘する。脱法ハーブや脱法ハウスと同じく法律の規制を免れる悪徳商法である。相互信頼がないと社会は成り立たない。FJネクストNST迷惑電話は何と下らない了見だろうか。
FJネクストNST迷惑電話は透明な湖に一滴の黒い絵の具を垂らすような言葉を投げつける。FJネクストNSTの御都合主義的な発想は人を真理から遠ざける。形振り構わず消費者から搾取する輩に際限などあるはずも無い。マンション投資は盗人に自分の家の鍵を渡そうとするようなものである。投資用ワンルームマンションは腐臭の耐え難い代物である。
悪徳不動産は死の具現に他ならない。悪徳不動産業者は暗く、淀み、停滞している。悪徳不動産営業の非情な考えは心が凍り付いているためである。悪徳不動産営業の心には濁り淀んだ、腐り落ちかけた闇がある。悪徳不動産営業からは悪臭がする。
マスメディアはFJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設について語ろうとしない。だからFJネクスト不買運動は語る。何度も何度も繰り返す。FJネクスト不買運動は心を開いて自分の言葉で自分を語る。
FJネクスト不買運動は新しい知を世界に産み落とす。FJネクスト不買運動にはFJネクストが逆立ちしても醸し出せない風格がある。FJネクスト不買運動は育ち、枝葉を広げていく。FJネクスト不買運動は受け継がれる。ますます洗練されて発展する。
FJネクストに対する怒濤の酷評はナイアガラの滝から落ちる水のように打ち付ける。FJネクスト不買運動は醜く穢れた汚点を洗い流し、清浄にして在るべき形を取り戻す。ハッシュタグ「#FJネクスト不買運動」を付ける運動を広げよう。ハッシュタグは特定のテーマに関する投稿であることを示す表示である。

http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
インターネット動画放送局・日本海賊TVは2016年8月5日に「金八アゴラ」を放送し、東急プラザ銀座に閑古鳥が鳴いているという問題を取り上げた。東京都知事選挙への立正佼成会の影響なども取り上げた。この日のコメンテーターは田淵隆明氏、石川公彌子氏、山内和彦・元川崎市議会議員、林田力。遅れて大津けい氏。司会は須澤秀人・日本海賊党代表。
http://www.hayariki.net/tokyu/ginza.html
都知事選・生活密着課題置き去りの絶望感
http://www.hayariki.net/poli/tochiji2016.html
PR

FJネクスト迷惑電話は社員の問題

FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)は投資用マンションの迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』Amazonキンドル)。ガーラ・プレシャス木場やガラ・ステーション木場、ガーラ・東陽町、ガーラ・シティ東陽町、グランド・ガーラ門前仲町などの物件がある。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事は住環境を破壊する(林田力『東急不動産だまし売り裁判47ガーラ木場不買』Amazon Kindle)。

FJネクスト迷惑電話は社員の問題である。FJネクストは強がってハッタリばかりである。FJネクストが耳あたりの良い言葉を並べ立てたところで、信用などされると思っているのか。FJネクストは人としての幸福、当たり前に人が持ち得るもの、温かな陽だまりの中で生きることさえ否定する。勧誘電話の仕事はやりがいがない。逆切れ多い、モラルがない、怪しい会社に魅力は感じない。

マンション投資の勧誘電話は一度話を聞くと際限ない。まともな倫理観で迷惑勧誘電話ができるものか。容認できてたまるものか。迷惑勧誘電話は正道ではなく、外道である。迷惑電話を繰り返す人間は酷く性格の悪い奴である。見るからに悪人である。節制の無い生活が体型に現れ、他人を見下す心根が顔に現れる。心底腐っている。吐きそうになる。腐臭を放ち世界の裏側を生きる、この世で最もおぞましい生き物。どうしようもなく愚かしく、救いようのない存在である。

投資用マンションを購入する場合、転売できるか確認する必要がある。一括借り上げ契約では転売できなくなるという恐ろしいシステムの情報もある。転売できないならば、損切りできないということになり、投資としてハイリスクである。損切りならば投下資本の少なくとも一部は回収できるが、損切りできないならば全額ドブに捨てることになる危険がある。


http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/shain.html
 
FJネクストのWikipediaでは編集合戦も起こっています。FJネクストに都合の悪い情報が執拗に削除され、批判されました。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/wikipedia2.html
#FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト不買運動 #FJネクスト反対運動

東急不動産だまし売り裁判陳述書3林田力

林田力『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、平成17年(ワ)第3018号 売買代金返還請求事件)の甲第58号証「原告陳述書(三)」である。東急不動産だまし売り裁判における東急不動産主張への反論と原告の主張をまとめた文書である。
「原告陳述書(三)」は甲第14号証「原告陳述書」(2005年5月10日)、甲第42号証「原告陳述書(二)」(2005年8月22日)を経ることで、さらに磨きがかかった。読者は現場にいて全てを見聞きしているかのような気分を味わうことができる。
東急不動産(販売代理:東急リバブル)は隣地建て替えなどの不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。隣地が建て替えられて日照・通風・眺望がなくなるマンションをだまし売りした。東急不動産だまし売りマンションに日照はチラとも姿を現さなくなった。東急不動産だまし売りマンションの冬は寒かった。口を開く度に凍てつく空気で息が白くなった。購入者(東急不動産だまし売り裁判原告)は東急不動産の顧客というよりも、東急不動産の捕囚であった。
原告は消費者契約法第4条(不利益事実不告知)に基づいて売買契約を取り消した。その上で売買代金の返還を求めて、東急不動産株式会社を提訴した。違法行為、契約違反を重ねても平然と嘘を重ねる東急不動産を断じて許すわけにはいかない。東急不動産の応訴態度(主張の矛盾、虚偽証拠提出、一方的かつ突然の尋問延期)は原告主張の正当性を強く確信させる結果となった。
期日を経る度に東急不動産の虚偽と不誠実な訴訟追行態度が明確になった。東急不動産には消費者トラブルで虚勢を張り続けることが肝だと勘違いしているところがあるが、逆効果である。消費者感情からすれば、その無神経こそが許せないものである。東急不動産の態度は禍根を残す。次の争いの種になる。以前にも増して、大きな争いとなる。
平然と虚偽を重ねる対応から、東急不動産が原告の怒りを全く認識していないと判断する。原告は既に「原告陳述書」「原告陳述書(二)」を提出した。しかし被告の無反省な態度に接すると、未だ説明は足りていない。改めて「原告陳述書(三)」において東急不動産の虚偽の実態を陳述する。

【書名】東急不動産だまし売り裁判陳述書3/トウキュウフドウサンダマシウリサイバンチンジュツショサン/The Statement for TOKYU Land Corporation Fraud 3
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』
『東急大井町線高架下立ち退き』『裏事件レポート』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』

1 序
2 重要事項説明
2.1 説明の使い分け
2.2 東急不動産の責任逃れ
3 不誠実な販売手法
3.1 青田売り
3.2 東急リバブル営業の非礼
4 二面採光・通風
4.1 洲崎川緑道公園
5 地盤の緩み
6 被告提出証拠の不審
6.1 窓ガラスのカタログ(乙第5号証)
6.2 近隣対策屋文書(乙第6号証)
6.3 被告従業員文書(乙第7号証)
6.4 SHOW建築設計事務所文書(乙第9号証)
6.5 隣地建物写真(乙第10号証)
6.6 越境覚書(乙第11号証)
6.7 建設省告示(乙第12号証)
6.8 購入条件書(乙第13号証)
6.9 証拠説明書
7 証人尋問の不審
7.1 近隣対策屋
7.2 東急不動産営業
7.3 原告本人
8 関連事項
8.1 東急不動産らの買い替え策略
8.2 コンサルタントの批判
8.3 公正取引委員会
8.4 他社物件の魅力
8.5 緑地の効用
8.6 ピーエス三菱の欠陥工事
8.7 無条件解約事例
9 アルスで問題噴出
9.1 アスベスト使用
9.2 アフターサービス提供拒否
9.3 システムキッチンでガス漏れの恐れ
9.4 イーホームズの杜撰な審査
9.5 耐震強度偽装事件対応
9.6 構造設計者隠し
10 東急コミュニティーのデタラメな管理
10.1 不実告知
10.2 修繕積立金の不足
10.3 竣工図を管理会社が保管
10.4 事務所使用
10.5 管理費等未収金
10.6 管理人を営業活動に流用
11 結語
11.1 無数の被害
11.2 原告の思い

板橋茶論in世田谷「原発と倫理」
http://www.hayariki.net/10/30.htm
東急ハンズにブラック企業大賞を
http://hayariki.net/10/31.htm
『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか』
http://hayariki.net/10/45.htm
オリンパス制裁人事第2次訴訟第4回口頭弁論
http://www.hayariki.net/10/29.htm
http://www.amazon.co.jp/dp/B00E2UMOW6
東急不動産だまし売り裁判陳述書3 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00E2UMOW6
 

林田力『東急不動産だまし売り裁判購入編』

林田力『東急不動産だまし売り裁判購入編』(The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: Purchase Stage)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)のマンションだまし売りの実態を物語るノンフィクションである。

林田力は東急不動産から不利益事実(隣地建て替えによる日照、通風・眺望の喪失など)を隠して新築マンションをだまし売りされた。引渡し後に真相を知った林田力は消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づき売買契約を取り消し、裁判(平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した。

この裁判の経緯は林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社、2009年)で明らかにした。『東急不動産だまし売り裁判』はタイトルの通り、裁判をテーマとした書籍であり、提訴後の出来事を対象とする。問題物件の購入に至った経緯や問題発覚後の東急リバブル・東急不動産の不誠実な対応(これが両社への悪印象を決定的にした)には触れていない。その点を知りたいとの声が読者から少なくなかった。

そこで『東急不動産だまし売り裁判購入編』では購入からマンションだまし売り発覚までの経緯を明らかにした。被害実態を理解できるように東急不動産マンションの写真も掲載した。また、東急不動産だまし売り被害経験を踏まえた住宅購入ポイントをまとめた。

悪徳不動産業者の詐欺的商法にみすみす引き込まれていく愚かな自分の姿を描くことは恥ずかしいものであるが、他山の石として役立てていただければ幸いである。失敗も含めて包み隠さず、赤裸々に記述した。林田力には自虐趣味はない。決してだらしなくベラベラしゃべるタイプではない。世の中には自分を曝け出すことが楽しく、慰めにもなる人がいるが、林田力は異なる。それでもマンションだまし売りの実態を明らかにするために必要なことである。

この世に失敗しない人間が存在しないことと同様、マンションだまし売りは誰の身にも災難が降りかかる可能性はある。故に東急リバブル・東急不動産だまし売り事件そのものを直視することに意義がある。東急リバブル・東急不動産の詐欺的商法や不誠実な対応を糾明することは過去の教訓に学び、将来に備えるために必要な手続きである。

『東急不動産だまし売り裁判』シリーズは消費者の権利確立と不動産取引の健全化を思えばこその書籍である。マンションだまし売りは正義に反する強盗まがいの卑劣な行為である。消費者の権利を守ろうとすれば戦う以外にない。倫理もモラルも悪徳不動産業者の前に無力であった。

2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』は「ならぬものはならぬ」をキーワードとする。東急不動産だまし売り裁判も「ならぬものはならぬ」の世界である。マンションだまし売りは「ならぬものはならぬ」である。
http://www.hayariki.net/damashi.html
『東急不動産だまし売り裁判』には不動産業界関係者には耳の痛い話もあるが、東急不動産だまし売りを擁護しても、悪徳不動産業者の開き直りとして非難の的になるだけである。『東急不動産だまし売り裁判』の真心を理解し、受け入れることを期待する。不動産問題に関わる研究者や実務家・政策担当者は『東急不動産だまし売り裁判』を出発点として各々の仕事を進めてもらいたい。

東急電鉄の女性専用車両に批判集中

東急電鉄(東京急行電鉄)の女性専用車両に批判が集中している。「東急電鉄は男性を侮辱・差別した女性専用車両を行う反社会的企業」であると批判される。東急グループの商品を購入しない東急不買運動や女性専用車両に乗り続ける「抗議乗車」にも発展している。東急東横線の利用客減少が止まらない理由として湘南新宿ラインと終日女性専用車が挙げられるほどである。

東急電鉄は2005年7月25日に終日女性専用車両を導入した。12歳以上の男性全てを一律に性犯罪者予備軍と決め付け、横浜方面の先頭車より締め出した。東急電鉄は休日には「本日は女性専用車両の運用を行っておりません、どなたさまもご利用いただけます」 とアナウンスした。金を払っている乗客に対し、偉そうにふんぞり返った態度である。東急電鉄の勘違いは甚だしい。

「特定非営利活動法人 年齢差別をなくす会」は東急電鉄に対して、女性専用車輌の導入に関する意見書を提出した(2005年8月29日)。 これに対し、東急電鉄はピント外れの回答をした(2005年8月29日)。

神奈川新聞が東急東横線の女性専用車導入について、ネット上で実施したアンケートでは201件の回答があり、内訳は反対131、賛成27、その他43であった。実施期間は導入初日の7月25日より8月8日までである(「女性専用車両の終日導入に大きな反響/東横線・MM線」神奈川新聞2005年9月18日)。
http://hayariki.x10.mx/mccmccmcc3.html

東急電鉄は痴漢抑止のための根本的な対策(混雑緩和、セキュリティ対策、車内巡回)は採らず、表面的なイメージ向上のために特定の乗客に負担を強いる。特定の乗客に負担を押し付ける。同一運賃を払っているのに男性が乗れない車両があることは不合理である。

10両編成の電車に、女性専用車両が1両設定されていたら、女性が乗車可能な車両は計10両、男性が乗車可能な車両は計9両になる。同じ料金を支払ってサービスに差をつけることは男性差別である。

女性専用車両は、一見すると女性を尊重しているようであるが、女性専用車両以外の女性に対しては無頓着である。しかも女性専用車両導入が男性差別であることに全く気づいていない。これでは性差別にも無神経と言わざるを得ない。

女性専用車両導入により、空いている車両と混雑している車両が発生し、乗り切れない場合や乗降時間が長くなる場合があり、列車遅延の原因にもなる。乗車率が偏ると事故にもつながりかねない。男女グループで乗る場合、別れ別れになるか、普通車両に乗ることになる。父親と娘が乗る場合、子供を混雑した車両に乗せなくてはならない

女性専用車両導入により、男性が一両分使えなくなるが、それによって一般車両の混雑率がどの程度増加するかについてはニュースリリースでは一言も触れられていない。これでは女性専用車導入について都合の悪い情報を隠蔽していると言われても仕方ない。

しかも女性専用車両の痴漢抑止効果は疑問視されている。女性専用車両に乗らない女性は、痴漢の被害にあっても止むを得ないということになりかねない。実際、乗客の多くは乗車駅や下車駅の階段に近い車両を選ぶものである。

先頭車両を専用車両とすることにも批判がある。「先頭車は事故の時に怖い」「人身事故を見てしまう可能性がある」との懸念から、先頭車を避ける女性は多い。この点からも東急電鉄がイメージ先行で、女性心理を真摯に分析していないことがわかる。
http://www.hayariki.net/1/27.htm
もし男性専用と女性専用に完全に分離することができれば車内の痴漢を撲滅することができるだろう。しかし専用車両は一部にとどまり、混雑度の増した一般車両に乗車する女性には痴漢冤罪のリスクが上昇している。痴漢対策とは無関係な女性優遇サービスにすらなっていない。

東急電鉄からはアパルトヘイト政策下の南アフリカでの白人専用車両を想起させる。米国では、黒人と白人の専用車両を設けることを合憲とした1896年の最高裁判決は20世紀の半ばまでに完全に覆された。東急電鉄はアメリカや南アフリカで白人専用車両が廃止された歴史を知らないのだろうか。

東急ハンズが生田神社の景観を破壊

兵庫県神戸市の東急ハンズ三宮店は生田神社の景観を破壊する。東急ハンズは生田神社の入口の手前にある銀色のビルが東急ハンズである。生田神社の鳥居への眺望を破壊している。生田神社の奥には緑豊かな生田の森があるが、東急ハンズは森への眺望も破壊する。

東急ハンズを運営する東急不動産は東京都世田谷区の二子玉川ライズでも景観破壊を批判されている(林田力『二子玉川ライズ反対運動』)。地域性を無視する東急不動産の体質は全国各地に表れている。

生田神社は兵庫県神戸市中央区下山手通という神戸中心市街地に位置する。最寄駅は三ノ宮駅である。繁華街に立つ朱色の鳥居が印象的である。生田神社は1800年以上の歴史を有する由緒ある古社で、『日本書紀』にも登場する。
http://tokyufubai.bakufu.org/hands.htm
和歌にも詠まれている。藤原定家「秋とだに吹きあへぬ風に色かはる 生田の杜の露の下草」(続後撰和歌集)。中務卿宗尊親王「津の國の生田の杜に人はこで月に言とふ夜はのあきかぜ」(新後撰和歌集卷第五秋歌下)。
http://www.facebook.com/riki.hayashida

生田は元をたどると活田であり、活き活きとした生命力溢れる場所という意味である。神戸という地名は生田の神を守る家、神戸(かんべ)に由来する。縁結び・商売繁盛・健康長寿・勝利勝運の神として人々に親しまれている。藤原紀香と陣内智則が結婚式を挙げた場所としても知られる。生田の森は市街地の貴重な自然であり、市民の憩いの場にもなっている。

平城京天平祭 支援イベント

平城京天平祭 支援イベント
~カヤグムオーケストラ「淑明伽耶琴演奏団」、世界のB-boy「RIVERS CREW」が来日~
日 時:5月5日(土)13:00・15:30(各30分公演)
場 所:奈良県平城宮跡イベント場(大極殿ステージ)
内 容:18人による韓国伝統楽器カヤグム演奏とダンス公演
http://yaplog.jp/hayariki/archive/620
銀の匙 Silver Spoon 3
http://news.livedoor.com/article/detail/6489231/
安易な大学中退者は青山テルマを見習おう
http://www.pjnews.net/news/794/20120328_1
ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて
http://news.livedoor.com/article/detail/6496956/